ヤマハ(東京モーターショー11)《撮影 山田清志》

ヤマハ発動機の柳弘之社長はプレスブリーフィングで、世界の二輪車市場について「年間6000万台を超えるまで成長し、2020年には8000万台のメガ市場も予測される」と述べ、さらに拡大していくとの見方を示した。

その根拠は、地域に応じてさまざまな使われ方をしているからだ。例えば、新興国市場では、便利で安価な移動手段として広く普及し、「特にASEANやインドでは、若者が自己主張できるスタイリッシュな乗り物としての位置を獲得している」という。

一方、先進国市場では「都市型のコミューターとして、またレジャー志向のお客様には楽しい乗り物として、さらにスポーツ志向のお客様にはエキサイティングな乗り物として定着している」と柳社長は説明する。

大事なのは、それぞれ求めるものが違うお客にいかに応えていくかである。ヤマハ発動機では、「豊かな生活を創る」「楽しい移動を創る」「人・地球・社会に優しい知的な技術を創る」という3つを軸に、エンジン技術、制御技術、新しい動力源技術を進化させ、環境・安全と調和した二輪車を提案し続けていく方針だ。

ヤマハ(東京モーターショー11)《撮影 山田清志》 ヤマハ(東京モーターショー11)《撮影 山田清志》 ヤマハ(東京モーターショー11)《撮影 山田清志》