東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、第42回東京モーターショーで日本初公開した『ザ・ビートル』の日本仕様、グレードと価格などを発表した。

ザ・ビートルの日本導入モデルは、ドイツ本国で設定されている3グレードのうち、内外装をカラーコーディネイトした「ザ・ビートル デザイン」のファブリック(標準)仕様と、この標準仕様をベースにしたレザーパッケージ仕様の2モデル。

国内販売では、ニュービートルでも人気の高かったレザーパッケージ仕様を先行導入し、ファブリック(標準)仕様の導入は後から追加となる。ザ・ビートル・デザインのボディカラーは全6色で、価格はレザーパッケージ仕様が303万円、ファブリック(標準)仕様が250万円。

ザ・ビートル・デザイン・レザーパッケージの予約受付は2012年4月以降で全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで開始し、2012年の夏以降に販売を開始する予定。

東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》 東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》 東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》 東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》 東京モーターショー11 VW ザ・ビートル《撮影 正田拓也》