川崎重工 Ninja ZX-14R

川崎重工業でモーターサイクル&エンジンカンパニープレジデントを務める?田廣常務はプレスブリーフィングで、同社が販売する『Ninja』シリーズについて、「カワサキ先進技術のすべてが凝縮されたものである」と強調した。

Ninjaは1984年に初代が発売されて以降、オートバイ愛好家の間で根強い人気を誇る名車。そのコンセプトは「Fun to Ride」。走らせる歓びと、それを自在に操る楽しみを常に追求してきたオートバイだ。

しかし、?田常務によれば、そればかりではなかったそうだ。「Ninjaが目指すものは誰もが気楽に安全に、そして楽しく乗れること」---。つまり「Easy of Riding」である。

「この『Fun to Ride』と『Easy of Riding』という相反するとも思われる理念を両立して、しかも世界最高レベルで理想を具現化させたモデルがNinjaなのです。これは陸、海、空のさまざまな技術組織の集合体である川崎重工にしかなしえない偉業として誇りに感じている」と?田常務は力説する。

今回のモーターショーで日本初のお披露目となった『Ninja ZX-14R』は、歴代モデルをしのぐ圧倒的な加速感を持ちながらも、先進の電子制御システムやさまざまな技術努力により「Easy of Riding」の面も一層高めたそうだ。

川崎重工 Ninja ZX-14R 川崎重工 東京モーターショー2011