帝人は、炭素繊維からコンポジット製品の成形加工までを1分以内で連続一貫生産するパイロットプラントを松山事業所(愛媛県松山市)に設置する。

熱可塑性樹脂を使用した炭素繊維複合材料(CFRP)によるコンポジット製品の事業化を加速することが目的。コンポジット製品の試作から性能評価までの迅速化や、形状が複雑な成形品や大型コンポジット製品の試作も容易になる。

同社は世界に先駆けて熱可塑性CFRPによるコンポジット製品を1分以内で成形する量産技術を確立した。コンポジット製品の量産成形技術に加え、独自のCFRP接合技術を用いることで、極限まで車体骨格を軽量化したオール熱可塑性CFRPのコンセプトカーを製作しており、技術の実用性を訴求することでマーケット開拓を推進してきた。

開発した技術は、自動車業界が求める理想的なタクトタイムで、炭素繊維からコンポジット製品の成形加工までを連続一貫生産できることから、コンポジット製品の量産車への採用に向けて大きく貢献することができるとしている。

また、自動車用途に加え、軽量化が求められる一般産業用途に向けにも幅広く展開していくことが期待される。今回の設備投資額は20数億円。早急に着工し2012年年央に稼働開始する予定。