三菱 Consept PX-MiEV 2《撮影 大野雅人》

三菱自動車工業の益子修社長はプレスブリーフィングで、前回2009年の東京ショーに次いで今回も参考出品したプラグインハイブリッド車(PHV)である『Concept PX-MiEV 2』の基本性能目標を公表した。

モーターのみのEV(電気自動車)走行の可能距離は、50km以上としており、益子社長は「日常ではほぼEVとして使用できる」と説明した。PHVとしての複合燃費については60km/リットル以上を目指し、航続距離は800kmを目標とする。

同社はPHV技術を「プラグインハイブリッドEVシステム」と呼んでいる。加速時や高速走行時にエンジンを使う場合は「シリーズ走行モード」あるいは「パラレル走行モード」に自動的に切り替え制御するという。

益子社長は、次世代環境技術の展開について、「軽自動車やコンパクトカーはEV、長距離移動の機会が多い中型以上についてはプラグインハイブリッドEVシステム」と使い分ける方針を表明した。

三菱 Consept PX-MiEV 2《撮影 大野雅人》 三菱 Consept PX-MiEV 2《撮影 大野雅人》 東京モーターショー2011 三菱ブース《撮影 椿山和雄》 東京モーターショー2011 三菱ブース《撮影 椿山和雄》 東京モーターショー2011 三菱ブース《撮影 椿山和雄》