日産、新型急速充電器を発売---実質32万円から

日産自動車は、同社が独自に開発した新型の急速充電器を11月30日から全国の日産部品販売会社で販売開始した。

新型急速充電器は、車両と充電器本体を通信させた漏電監視や各種安全装置を採用することで安全性を確保した。CHAdeMOプロトコルに準拠することで、日産だけでなく他社の電気自動車に対応する。

従来の日産製急速充電器と同スペックの高性能を持ちながら本体を容積比で約半分のサイズに小型化し、より小さなスペースにも設置することが可能となる。

さらに、新回路技術の採用やシンプルで無駄のない構成とすることで、高品質でありながら従来型比で半額以下となる59万8500円からの設定という低価格を実現した。国の充電設備などに対する補助制度を利用することで最大で本体価格(税抜き)の半額程度の補助を受けることができ、実質の価格は31万8500円からとなる。

同社は、各地方自治体や集客施設、全国の日産販売店などへ新型急速充電器の設置・導入を促進し、日本全国の充電インフラ網を整備する。現在、日産の販売店には急速充電器が約200店舗に設置されているが、2011年度末までに現状の2倍となる合計400店舗に急速充電器を設置する予定。

また、販売を共同で進めていくパートナー企業も積極的に募集し、2015年度末までに5000基の新型急速充電器を販売することを目指す。