コンセプトAクラス《撮影 小松哲也》

独ダイムラーでメルセデス・ベンツ・カーズ営業・マーケティング部門を担当するヨアヒム・シュミット上級副社長は30日、東京モーターショー会場で会見し、新型『Mクラス』を来年夏に、次期型『Aクラス』を2013年に日本で発売する計画を明らかにした。

シュミット上級副社長は「新型Mクラスを日本には来年の夏に投入する。クリーンディゼル戦略を日本でさらに進めていく。新型では燃費が先代よりも2割改善したほか、アクティブセーフティ、パッシブセーフティ、長距離快適性、走行性能などもさらに上げている」と説明した。

またシュミット上級副社長は東京モーターショーに参考出品した『コンセプトAクラス』について、「メルセデスのコクピットに若い世代のユーザーに座ってもらうために作り上げた」とした上で、「日本で2013年に発売となる次期量産Aクラスの青写真という位置づけ」と紹介した。

ダイムラーAGエアヒム・シュミット上級副社長《撮影 小松哲也》