VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》

フォルクスワーゲンのブースでは、ワールドプレミアを2台用意したが、人気の中心はこの日、国内仕様と価格が発表された『ザ・ビートル』。ブースには2台が展示され、人だかりが絶えなかった。

ザ・ビートルの国内仕様は2012年に導入。1.2リットルターボのTSIエンジンと7速DSGの組み合わせ。「デザイン」の価格は250万円、「デザイン・レザーパッケージ」が303万円。燃費は10・15モードで17.4km/リットル。発売はまだ少し先だが、それまでに実車を見られる貴重な機会となる。

ワールドプレミアの2台は『パサートオールトラック』と『クロスクーペ』。パサートオールトラックは既存のパサートバリアントとティグアンなどの間を埋めるモデル。ブース前面に展示しており、間近でディティールを見ることができる。

また、クロスクーペはプラグインハイブリッド(PHV)のコンセプトカーであると同時に、SUVのデザインスタディ。次期ゴルフのプラットフォームを採用するなど、フォルクスワーゲンの次の世代の技術が詰まっており、注目しておきたいモデルだ。

また、アメリカ市場で「マイクロバス」として親しまれた『ニュープリー』のコンセプトカーも展示している。展示車はリチウムイオン充電池とモーターによるEVだが、ガソリンやディーゼルエンジンも搭載できるといい、近いうちにコンパクトなミニバンとしての登場が期待できる。クルマの完成度の量産に近いものとなっており、こちらも注目だ。

VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》 VW(東京モーターショー11)《撮影 正田拓也》