ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》

ランボルギーニジャパンはフラッグシップモデルの『アヴェンタドールLP700-4』を日本でも公開した。

アウトモビリランボルギーニS.p.A.リサーチ・開発ディレクターのマウリッツォ・レジアーニ氏は、アヴェンタドールを競合他社と比較して2世代先を行くクルマだと位置づける。「全てのコンテンツを再定義し、過去からのものをすべて否定して、ゼロベースで全て最初から設計」したとし、「スーパースポーツカーの新しいベンチマークを再定義」すると、その出来に自信を見せる。

ボディはカーボンファイバー製のモノコックを基盤として作られている。これは、ランボルギーニが特許を取得した技術で、またボーイング社やワシントン大学などの協力を得た結果、30%の重量の削減と、150%の剛性の向上を実現した。また、安全性に関しても「衝突エネルギーの蓄積が出来るので、乗員の安全性が高まる」と言う。

エンジンは新設計の6.5L・V12エンジンを搭載している。ボア&ストロークを新設計し、700ps/8250rpm、690Nmの性能を発揮する。さらに、トルクカーブはこれまでと比較しフラットなものとなっていると言う。環境性能に関しても、CO2の排出量を20%削減し、100kmあたり17.2リットルの燃費性能を可能にしたと言う。

今回もうひとつ重要なポイントはエンジンマネージメントにある。毎秒5億回のオペレーションを行い、エンジン、ギアボックス、サスペンション、ブレーキ、それからステアリングの連携を高めている。ギアボックスには新設計の特許を取得した、ISR7速のギアボックスを採用し、50ミリセカンドでシフトチェンジが可能であるとしている。

ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 アウトモビリランボルギーニS.p.A.リサーチ・開発ディレクターのマウリッツォ・レジアーニ氏《撮影 内田俊一》