ホンダ EV-STER(東京モーターショー11)《撮影 大野雅人》

ホンダが東京モーターショー11でお披露目した、コンセプトモデル『EV-STER』は、フロントにバッテリー、リアに駆動システムを搭載する、軽自動車に近いサイズの次世代電動スモールスポーツだ。

ボディサイズは軽自動車サイズを数センチ越えるあたりが微妙だが、ホンダ担当者はこう説明した。「『ビート』の後継とは今のところ言えないが、徹底してかっこよさと軽量化にこだわった」。軽量化の追求の末、助手席はモノコックボディに据え付けの簡易タイプとしたという。

「駆動系では、リアに積むモータと後輪とをダイレクトに結ぶ。インホイールモータとは違う組み方だ」(同)

ホンダ EV-STER(東京モーターショー11) ホンダ EV-STER(東京モーターショー11) ホンダ EV-STER(東京モーターショー11) ホンダ EV-STER(東京モーターショー11)