ホンダCR-Zをスーパーチャージャー化したCR-Z iCF

ホンダのハイブリッドスポーツ、『CR-Z』。同車のスーパーチャージャー仕様が、来春に英国で発売される。

これは29日、ホンダUKとホンダ車のカスタマイズを手がける無限(M-TEC)の欧州法人、MUGENユーロが明らかにしたもの。『CR-Z iCF』の英国発売が告げられたのだ。

このCR-Z iCF、ハイライトはエンジンのパワーアップにある。1.5リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンには、スーパーチャージャーを追加。冷却システムや吸気系、エンジンコンピューターも変更された。

モーターを核とした「IMA」システムに変更はないが、最大出力は175psを獲得。ノーマルのCR-Zが、最大出力128psなので、CR-Z iCFは最大出力が47psアップした計算だ。ホンダによると、0-100km/h加速は6.1秒と、3秒以上も短縮。最高速は210km/hに到達するという。

CR-Z iCFは2012年春、英国で発売。価格は最終決定していないが、2万4000ポンド(約290万円)程度となる予定だ。ホンダは、「CR-Zに『シビックタイプR』のようなパフォーマンスを与えるモデル」と説明している。