ホンダ EV-STERと伊東社長(東京モーターショー11)

ホンダは東京モーターショー11に、次世代電動スモールスポーツコンセプトモデル『EV-STER(イーブイ スター)』を世界で初めて展示した。

EV-STERは、後輪駆動方式の電動2シーターオープンスポーツカーで、躍動感のある先進デザインに加え、高い環境性能を備えながら、電動モビリテーならではの新しいスポーツモデルの楽しみ方を提案する。

カーボン素材の採用により軽量化を実現し、高い走行性能と約160kmという航続走行距離に貢献している。“運転する楽しさ”を徹底的に追求したこのモデルは、操作しやすいツインレバー・ステアリングを採用した。また、モーター出力やサスペンションの設定をドライバーの意思で自由に調整できるようにすることで、“操る喜び”を最大限に具現化しようとしている。

インストルメントパネルには、メーターのほかに、走りを楽しむための情報に特化した車両情報ディスプレイと、オーディオやナビゲーションの利用はもちろん、インターネットへの接続もできるネットワークディスプレイを装備した。これらのメーターやディスプレイはドライビングに集中できるレイアウトにしたことで、ドライバーに心地よい空間を意図した。

ホンダは、今後もユーザーの期待を上回るスポーツモデルの開発に取り組み、ワクワク、ドキドキできるモビリティの提案を続けていく、としている。

【東京モーターショー11】ホンダから電動2シーターオープンスポーツ…EV-STER 【東京モーターショー11】ホンダから電動2シーターオープンスポーツ…EV-STER 【東京モーターショー11】ホンダから電動2シーターオープンスポーツ…EV-STER 【東京モーターショー11】ホンダから電動2シーターオープンスポーツ…EV-STER 【東京モーターショー11】ホンダから電動2シーターオープンスポーツ…EV-STER