ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》

ランボルギーニジャパンは29日、今年のジュネーブショーで発表された同社のトップモデル『アヴェンタドールLP700-4』を公開した。

これに伴い来日した、アウトモビリランボルギーニS.p.A.社長兼CEOのステファン・ウィンケルマン氏は、このアヴェンタドールを「ランボルギーニの技術革新を最高の形で体現しているクルマ」だと述べる。

そして、ランボルギーニは「デザインと技術のトレンドセッターであり続けています。その技術のひとつはV12エンジンで、技術的にも頂点を極めています。そして、もうひとつは、カーボンファイバーです」とする。

具体的には、「V12気筒エンジンは全く新しい700馬力、6.5Lのエンジンです。また、アヴェンタドール専用に開発したギアボックスも非常に軽量で、軽快な動きをします。また、カーボンファイバーを使ったモノコック構造により、『ムルシエラゴ』と比較し90kgもの軽量化に成功したのです。そのため、操縦性が過去に比べて飛躍的に改善されました」と語る。

ウィンケルマン氏は「18か月以上の生産車を売り上げています。この数か月は生産台数を強化させて、全世界における需要に対応する努力をしています」とした。

価格は4100万2500円。

ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 ランボルギーニ・アヴェンタドール《撮影 内田俊一》 アウトモビリランボルギーニS.p.A.社長兼CEOのステファン・ウィンケルマン氏《撮影 内田俊一》