イメージ

26日午前0時5分ごろ、静岡県御前崎市内の国道150号で軽乗用車が逆走、順走してきた乗用車と正面衝突する事故が起きた。逆走車は大破炎上。車内から男性とみられる1人の遺体が発見されている。

静岡県警・菊川署によると、現場は御前崎市佐倉付近で片側2車線の直線区間。軽乗用車は下り線側の第2車線を逆走。直後に順走してきた乗用車と正面衝突した。

双方のクルマは大破炎上。順走車を運転していた菊川市内に在住する37歳の女性は軽傷を負ったものの、車外へ脱出。しかし、軽乗用車の運転者は車外に脱出することができず、鎮火後に遺体で発見された。男性とみられている。

警察では軽乗用車が逆走を開始した経緯を調べるとともに、死亡した運転者の身元特定も急いでいる。