GMが2010年末に米国で発売したシボレー・ボルト

GMのプラグインハイブリッド車、シボレー『ボルト』。同車が米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)の衝突テストの後、リチウムイオンバッテリーから発火したとされる問題について、GMが顧客対応に乗り出した。

これは28日、GMが明らかにしたもの。同社の発表によると、GMはボルトに乗り続けることが不安な顧客に対して、ボルトの安全性が当局によって証明されるまで、無料で代車を提供するとアナウンスしたのだ。

GMノースアメリカのマーク・ルース社長は、「ボルトの安全性は5つ星だ」と自信を見せたうえで、「顧客の不安を解消するために、我々は今回の対応を取ることを決めた」と述べている。

GMのPHV、シボレー・ボルトの衝突テスト