黒潮の流れ

IHI、東芝、東京大学、三井物産戦略研究所は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「風力等自然エネルギー技術研究開発/海洋エネルギー技術研究開発」に連名で応募し、「次世代海洋エネルギー発電技術研究開発」の委託予定先に採択されたと発表した。

日本は、黒潮などの海流が年間を通じて沿岸付近を流れているため、この巨大なエネルギーを利用することにより、自国の自然エネルギーを利用したクリーンな安定電源を新たに構築することが期待されている。

今回採択された事業は、この海流エネルギーを有効かつ経済的に利用するため、水中浮体方式の海流発電システムの要素技術を開発するとともに、事業性評価などを実施して将来の海流発電の実用化を目指すもの。

次世代海洋エネルギー発電技術により、昼夜・季節による流れの速さ・向きの変動が少ない安定した海洋エネルギーを、長期的かつ連続的に利用できるようになる。年間を通じて安定した大きな発電量が期待できる。

発電装置は、海底から係留し、海中に浮遊させるため、船舶の航行にも支障を及ぼさない。また、簡便な係留が可能となることから設置も容易。対向回転する双発式の水中タービンを採用するため、タービンの回転に伴う回転トルクを相殺でき、海中で安定した姿勢を保持、効率的な発電が見込まれる。

IHIなどは今後、海洋エネルギーを用いた持続可能なエネルギー社会の実現を目指して発電システムの研究開発を進める。

発電システムイメージ