メルセデスベンツ F125!《撮影 小松哲也》

メルセデス・ベンツ日本は28日、第42回東京モーターショーに参考出品するラグジュアリーカークラスの燃料電池車『F125!』を都内で報道陣に先行公開した。

独ダイムラーで先行技術などを担当するバイスプレジデントのバラート・バラスブラマニアン氏は同日都内で会見し「リサーチカーを造る時に我々は通常7年〜10年先のことを想定しているが、F125!は15年先の未来というものを見据えている」と述べた。

F125!は全長4998mm×全幅1980mm×1430mmと、『Sクラス』と同等のサイズながら、等価慣性重量は1700kg。バラスブラマニアン氏は「カーボンファイバー、強化プラスティック、高張力鋼板、アルミなどの採用で既存の車両から40%軽量化することができる」としている。

4輪モーター駆動で、水素燃料電池に加え、リチウム硫黄電池を採用。「航続走行距離は1000kmで、リチウム硫黄電池で50km、燃料電池で950km走行することができる」という。また水素はボディ一体型水素吸蔵合金装置に充填されるのも特徴。

このほか手をかざすだけで自動開閉するガルウィングドアや3Dバックミラー、スマートフォンなどを使って車内に置かれたものを認識したり、ドアロック、音楽などのエンターテイメント設定といった遠隔操作ができるなど、先進機能をふんだんに盛り込んでいる。

メルセデスベンツ F125!《撮影 小松哲也》 メルセデスベンツ F125!《撮影 小松哲也》 独ダイムラーAG、バーラト・バラスブラマニアン氏《撮影 小松哲也》