日産リーフ(向かって左)とフリューエンス

ルノー・日産アライアンスは、南アフリカのダーバンで11月28日〜12月9日に開催される国連の第17回気候変動枠組条約締約国会議(COP17)の各国からの代表団に、ゼロ・エミッション車である電気自動車12台による送迎サービスを提供する。

日産の『リーフ』、ルノー『トゥイジー』など量産型電気自動車が初めてアフリカを走行することになる。

COP17は「温暖化ガスの濃度を安定させ、人類への気候変動による危機を防ぐ」ことを目的に開催する。

ルノー・日産アライアンスでは、太陽光、風力など、再生可能なエネルギーを動力源にすることが可能な電気自動車は、COP17の目標を達成し、気候変動の影響の軽減に大きな役割を果たすと、している。

ルノー・日産アライアンスは2016年までに累計150万台のゼロ・エミッション車を販売する計画。

日産は既に世界でリーフを約2万台販売した実績を持つ。ルノーは小型電気商用車『カングーZ.E.』の販売を開始し、ファミリー用電気自動車セダン『フリューエンスZ.E.』も近く発売する予定。また来年には市街地用2人乗りのトゥイジーと小型ハッチバック『ゾエ』を投入する。

COP17では、2011年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーとなった日産のリーフと、高級セダンルノーのフリューエンスZ.E.が、COP17参加国代表団の送迎車として路上を走り、試乗も可能。

日産は、南アフリカ政府の充電インフラの整備や電器自動車購入インセンティブの導入を考慮した上で、2013年をめどに同国市場にリーフを投入する計画を発表している。

ルノー・カングーZ.E.