スズキのインド工場

スズキが発表した10月四輪車生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数はインド減産の影響で前年同月比14.6%減の21万3430台と8か月連続でマイナスとなった。

国内生産は東日本大震災後、サプライチェーンが復旧したことから同15.2%増の9万7640台と3か月連続でプラスとなった。海外生産は同29.9%減の11万5790台と5カ月連続マイナスとなった。インドで減産したことなどが響いた。

国内販売は同0.6%減の4万5289台と13カ月連続でマイナスとなった。登録車は依然として『ソリオ』が好調で伸びたものの、軽四輪車が低調だった。軽四輪市場のシェアは29.5%で、前年同月よ比べて7.1ポイントもダウンした。

輸出は同12.7%増の2万6660台で2か月連続で前年を上回った。中南米を除く全ての地域で前年を上回った。

スズキ・ソリオ