トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》

トヨタの新型FRスポーツ『86』は造形面にもこだわった。そのために、チーフエンジニアの製品企画本部・多田哲哉氏が行ったのは、まずデザイン決定までのプロセスを一新したことだった。

「クルマにとってデザインは大事なので、役員が全員集まってチェックする会議が何度もあって、それを乗り越えていくにつれて、しだいに普通の形になってしまうのです。このクルマの場合も、1回目の会議でいろいろ言われたので、これではダメだと思って、『私が勝手に決めていいか』を審議してもらったんです。でもひとりで決めるのは不安だということで、社長と2人で決めるならいいという許しをもらいました」

デザインを進めるうえでは、名前を受け継いだ「AE86」や、コンセプトを受け継いだヨタハチ(『スポーツ800』)のリメイクにしようという気持ちはまったくなかったそうだが、『2000GT』については参考にしたという。

「トヨタのスポーツカーのデザインでいちばんの傑作はやっぱり2000GTですから。どこかを真似するということではなく、何十年経ってもいいと思える形を作ろうと。そのために、日本でいちばん程度のいい2000GTを探してきて、クレイモデルを作っているときに、横に置いたんです。モデラーには、10分に1回は振り返って、オーラを感じながら削っていってくれと言っていました」

具体的には、サイドウインドーのデザインは2000GTをイメージしたそうだが、それ以外はオリジナリティの高い造形と言えるだろう。ちなみにデザインテーマは「ネオ・ファンクショナリズム」で、空力にはF1で培った技術を投入しているという。

トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 多田哲哉チーフエンジニア《撮影 宮崎壮人》