トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》

トヨタ『86』は、トヨタ自動車と富士重工業の共同開発車としては、『ラクティス/トレジア』に続く第2弾になる。トヨタがこういったプロデューサー的立場になるのは珍しくはないが、今回はスポーツカーだけあって、エンジンなどの開発のプロセスは従来とは異なっていたようだ。製品企画本部でチーフエンジニアを務めた多田哲哉氏が教えてくれた。

「同じ水平対向4気筒でも、スバルが最近展開し始めた新世代エンジンとはまったく違います。当初は『あれを使ったらどうだ』という話から始まりましたが、もともとの狙いがスポーツエンジンじゃありませんから。だからボア・ストロークもまったく違います。ハチロクと呼んでいるもうひとつの理由もここにあって、ボアとストロークがどちらも86mmなんです。この数字はトヨタのスポーツエンジンの伝統なので外せませんでした」

たしかに『セリカ』や『MR2』に積まれた「3S-GE」、『スープラ』や『アリスト』が搭載した「2JZ-GE」はともに86mmスクエアである。こうしたスペックにまでこだわっていたとは、想像以上にエンスーなスポーツカーであるということができそうだ。

「製造設備も見直しました。水平対向はオイルが漏れるのは当たり前と言う人もいますが、それはトヨタでは許されないので、構造上難しいところはあるんですが。富士重さんからノウハウを公開してもらって、トヨタのクオリティで水平対向エンジンを作っています」

86のエンジンはスバルのブロックをベースにしつつ、D4-Sヘッドを装着したことで200ps/7000rpm。20.9kgm/6500rpmを発生。高回転まで気持ちよく回ることを目指したという。いままで感じたことのないようなサウンドやフィーリングが得られるのではないかと、多田氏は話す。

トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 多田哲哉チーフエンジニア《撮影 宮崎壮人》 トヨタ 86 プロトタイプ と森口将之氏《撮影 宮崎壮人》