アウディA1の5ドア、A1スポーツバック

アウディは、30日に開幕する東京モーターショー11において、『A1スポーツバック』をワールドプレミアすると発表した。

アウディA1は2010年3月、ジュネーブモーターショーでデビュー。アウディの入門車の役割を担う小型の3ドアハッチバックで、日本市場には2011年1月に導入された。

東京モーターショー11でワールドプレミアを飾るA1スポーツバックは、その5ドアバージョン。ボディサイズは、基本的に3ドア(全長3970mm×全幅1740mm×全高1440mm)と変わらないが、室内スペースは、3ドアよりも若干拡大している。

A1スポーツバックのエンジンは、3ドアと共通。欧州仕様の場合、ガソリンは「1.2TFSI」が最大出力86ps、「1.4TFSI」が最大出力122ps。そのツインチャージャー仕様(ターボとスーパーチャージャーで過給)は、185psを引き出す。

アウディは2007年の東京モーターショーにおいて、コンセプトカーの『メトロプロジェクトクワトロ』を初公開。これが、市販モデルのA1に発展した。それだけにA1スポーツバックも、東京モーターショーに縁のあるモデルといえそうだ。

アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック アウディA1の5ドア、A1スポーツバック