マクロミルと社ゼンリンデータコムは、エリア・マーケティング分野の新サービス開発で業務提携したと発表した。

マクロミルは、100万人超のアンケート専用消費者パネルに対するネットリサーチサービスを基軸に全国約3万人の購買データベース「QPR」、日本人3万人・中国人1万人のブランド保有状況やし好を収集した「ブランドデータバンク」などのデータベースサービスを複合的に提供している。

ゼンリンデータコムは、地図や施設情報、ルート案内など、移動行動に必要なあらゆる情報を携帯電話やスマートフォン向けに提供するとともに、長年にわたり蓄積してきた地図サービスへのノウハウや、付随する地図データを活用したサービスを展開している。

スマートフォン・タブレット端末やカーナビゲーションシステムなどの位置情報に関わる機能を実装した機器の急速な普及と機能拡充、ソーシャルメディアの普及に象徴されるウェブ技術の進展によって地域(エリア)ごとに特有の消費者行動を分析し、施策に活かすエリア・マーケティングの可能性は広がっている。

今回、マクロミルとゼンリンデータコムは、両社の保有する消費者データ、地図情報・消費者行動データを活用し、新たなサービスを開発する。両社は提携して企業の意思決定をより強力にサポートできるマーケティングリサーチサービスを提供していくとともに、これらに関連して成長が見込まれる事業分野のビジネス機会の創出と獲得を目指す。