東北電力は11月25日、同社初となるメガソーラー発電所「八戸太陽光発電所」の運転開始時期を2012年1月を計画していたが、工程などを精査し今年12月20日に前倒しすると発表した。

同社は、低炭素社会実現に向けた取り組みの一環として、管内の複数地点に2020年度までに合計1万kW程度のメガソーラー発電所を建設する計画で、八戸太陽光発電所はこの第1号となるもので、運転開始時期を少しでも前倒し、計画全体の取り組みを加速する。

八戸太陽光発電所の出力は1500kWで、発電電力量は一般家庭約500世帯分の年間電力使用量に相当する年間160万kWhを見込んでいる。年間約800トンのCO2削減効果が見込まれる。