46th SHCCミーティングat大磯ロングビーチ開催《撮影 内田俊一》

春と秋と年に2回開催される、『SHCCミーティングat大磯ロングビーチ開催』が27日に開催された。主催は湘南ヒストリックカークラブ。

90台以上ものエントリーを集め、大盛況となったこのジムカーナ大会も、46回目を迎えた。今回のコースは150mほどの直線や、非常にタイトなターン、果ては360+αターンまで、これまで以上に緩急に富んだレイアウトとなっており、ドライバーの腕とクルマの仕上がりが問われるコースとなったことで、ドライバーはもちろんのこと、見学者も大いに盛り上がる結果となった。

参加車両は、1969年までに生産された車両、およびレプリカを含む同型車となっており、古くは戦前車から、60年代の非常にバラエティに富んだモデルが多数みられ、中にはホンダ初の四輪車である『T360』も果敢にコースにトライ、なんとクラス4位を獲得した。

さすがにこういったジムカーナで速いのはケータハム『スーパー7』で、主催者による、1分を切るタイムはまず出ないだろうという予想を見事に裏切り、最速は56秒080。ゴールした瞬間、観客から喝采を浴びていた。

次回は来年の6月3日を予定しているという。

MG-Bがスタート!《撮影 内田俊一》 今回の1番時計はこのケータハム・スーパーセブンS3《撮影 内田俊一》 ロータス・エランS4 S/E《撮影 内田俊一》 ラリー仕様に仕上げられたヒルマン・インプスポーツ《撮影 内田俊一》 ロータス・エリートSr. 2《撮影 内田俊一》 今回の珍品。オースチン・ランサー《撮影 内田俊一》 意外と速かったホンダT360《撮影 内田俊一》 ホンダZも果敢に攻める《撮影 内田俊一》 スバル1300G《撮影 内田俊一》 シルビアも参加《撮影 内田俊一》 フェアレディ《撮影 内田俊一》 トヨタ2000GTもジムカーナにトライ《撮影 内田俊一》 アバルト850TCニュルブルクリング《撮影 内田俊一》 ポルシェ911《撮影 内田俊一》 もちろん戦前車も。これはラリー・N.C.P《撮影 内田俊一》