全国軽自動車協会連合会が発表した10月の軽四輪中古車販売台数は、前年同月比5.9%増の21万5299台と2か月ぶりに前年を上回った。

軽自動車は新車販売が回復して順調に推移したことから、下取り車も流通しはじめ、中古車の販売も伸びた模様だ。

車種別では、乗用車が同6.1%増15万3965台、貨物車が同5.4%増の6万1334台だった。貨物車のうち、バンが同0.7%減の3万2210台、トラックが同13.2%増の2万9124台だった。

ブランド別では、中古車の発生がまだ無いトヨタを除く全ブランドがプラスとなった。