トヨタ自動車・多田哲哉チーフエンジニア《撮影 小松哲也》

トヨタ自動車の新型FRスポーツ『86』のチーフエンジニア多田哲哉氏は、ハチロクのネーミングについて「ハードウェアの構想を決める前に一番最初に決めた」と明す。

多田氏は86の開発に際して「(1980年代後半に販売された『カローラレビン/スプリンタートレノ』の型式)『AE86』のリバイバルを造ろうという気は全くなかった」としながらも、「AE86みたいに皆に愛される、愛してもらえる、本当にお客様と共に進化するようなああいう車にするしかない」と強調。

その上で「それ以外のハードウェアは極端にいって何でも良い。そういうことが今の日本の自動車業界で一番大事なことかなという気がする。そのためにきっと私に新しいスポーツカーを造れというミッションを会社がくれた。とにかくそれだけです」と振り返った。

トヨタFRスポーツ、86《撮影 小松哲也》 トヨタFRスポーツ、86《撮影 小松哲也》