トヨタ・豊田章男社長≪撮影 小松哲也≫

トヨタ自動車の豊田章男社長は27日、富士スピードウェイで開催したイベントで小型FRスポーツ『86』を自ら運転して初披露し、「こういう時代だからこそ、わくわくドキドキするクルマは必要。クルマ好きのみなさん、お待たせしました」と述べた。

豊田社長は86について「道を選ばない素直なクルマに仕上がっている。やはりFRコンパクトなので扱いやすいと思う。正しい運転をすれば正しい挙動をするとプロの方が言っているので、これでますますクルマ好きが増えて、クルマの文化につながっていけば良いなと思う」と感想を語った。

さらに「クルマ好きのみなさん、これで充分楽しんで、長いお付き合いで自分色のクルマに染めて頂きたい」とも語った。

トヨタガズーレーシングフェスティバル≪撮影 小松哲也≫