トヨタがタイで生産するイノーバ

トヨタ自動車は、11月28日以降、タイを含むアジア、南アフリカの生産拠点で減産を継続すると発表した。

タイの洪水による部品不足は回復に向かい同社のタイ工場も生産を再開した。ただ、一部の部品で依然として調達に遅れが出ていることから、タイを含むアジア、南アフリカの生産工場で稼働時間を調整、減産しているが、28日以降も減産を継続する。

今後の稼働は、部品確保などの状況を見ながら判断すると、している。

一方、アジア、南アフリカ以外の国・地域の工場はほぼ通常レベルの稼働となっている。