丸紅と太陽光発電システム販売最大手の専門商社の高島は共同で、JAソーラー・ホールディングスと提携したと発表した。

国内の太陽光発電システム市場は、補助金・電力買取制度と再生可能エネルギー法の施行などを追い風に今後の市場拡大が見込まれている。

丸紅はこれまで、太陽光発電事業では主要部材のトレードを中心にグローバルにバリューチェーン展開してきた。また、高島は1994年から太陽光発電の普及に取り組んでおり、既築住宅市場を中心に累計4万件以上の販売実績を持つ。

新築市場では、住宅会社が太陽光発電システムメーカーを選択する傾向が強く、よりコストパフォーマンスが重視される傾向にある。加えて、住宅着工の約8割を占める地場ホームビルダーや工務店では、太陽光発電システムの導入が進んでいないことから、新築市場全体での太陽光発電システムの設置率は低迷している。

こうした市場環境を背景に、丸紅は高島はセル生産実績世界2位のJAソーラーと提携することで合意した。既築住宅向け販売件数トップの実績で培った高島のノウハウを活かし、JAソーラーの太陽電池モジュールと各種構成機器を多様な日本家屋向けに『スマイルソーラー』として独自にシステム化して販売する。

今月から関東圏の地場ホームビルダーや工務店など、新築市場を中心に先行販売を開始し、全国に順次拡大する予定。2014年度には全国の新築戸建て住宅向け太陽光発電システム市場の10%のシェアに相当する40MW規模、約1万戸の販売を目指す。