22日午後0時10分ごろ、栃木県高根沢町内の県道で、道路左側の路肩に駐車したトラックの近くで荷下ろし作業を行っていた43歳の男性に対し、後ろから進行してきたトラックが衝突する事故が起きた。男性は病院へ収容されたが、意識不明の重体となっている。

栃木県警・さくら署によると、現場は高根沢町花岡付近で片側2車線の直線区間。同町内に在住する43歳の男性は道路左側の路肩にトラックを駐車。荷台に積載していた荷物を下ろす作業を行っていたところ、後ろから進行してきたトラックが追突した。

男性は頭部を強打。近くの病院へ収容されたが意識不明の重体となった。追突側のトラックを運転していた千葉県野田市内に在住する36歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

警察では追突側トラックに前方不注視か、漫然運転の疑いがあるとして、事故発生時の状況について詳しく調べている。