メルセデスベンツEクラスの一部モデルに標準装着された「レーダーセーフティパッケージ」をテスト。《撮影 石田真一》

メルセデスベンツは11月14日から日本国内での発売を開始した新型『Eクラス』の一部モデルに、予防安全システムである「レーダーセーフティパッケージ」が標準装備された。対象外のモデルに対しても19万円の追加で設定することができる。

このレーダーセーフティパッケージには、日本で初めて認可された24GHz帯の電波を使う近距離用のミリ波レーダーがシステム内に含まれている。近距離は24GHz帯のレーダーが受け持ち、中・長距離を77GHz帯のレーダーが受け持つダブルシステム。これに加え、車線維持用のカメラも組み合わされており、まさに「全方位で隙の無いシステム」となっている。

レーダーセーフティパッケージにはいくつかのメニューがあるが、24GHz帯のレーダーを用いるのは「アクティブブラインドスポットアシスト」と、「ディストロニックプラス」のふたつ。

前者は横方向の死角から接近するクルマを感知し、その接近を運転者に対して注意喚起するとともに、衝突や接触が避けられないとシステムが判断した場合、接近している側のサイドミラーに注意マークを表示し、それでも気がつかない場合には逆サイドのタイヤにブレーキを掛け、進路を変えるというもの。

後者はいゆわるレーダークルーズコントロール。システムとしての対応速度域が0-200km/hと、国産車よりも大きいことが特徴だ。近距離レーダーを備えたことで完全停止までフォローする。前走車をレーダーがキャッチしている場合、再発進もワンタッチで行うことができる。

日本初となる24GHz帯のミリ波レーダーを装備。《撮影 石田真一》 いわゆるレーダークルーズコントロールは完全停止までフォロー。渋滞している首都高でも大丈夫。《撮影 石田真一》 24GHz帯レーダーは近距離検知用。死角から接近する併走車も素早く発見する。《撮影 石田真一》 メルセデスベンツらしく、高速度域までフォローする。《撮影 石田真一》