新型BMW M5(参考画像)

BMWの主力車種のひとつ、『5シリーズ』。同車に3個のターボチャージャー付きディーゼルエンジンを積んだ、ほとんどディーゼル版『M5』といえそうなモデルが設定される可能性が出てきた。

これは21日、5シリーズのファンサイト、『5post.com』が掲載したもの。同サイトがオランダで開催されたBMWのディーラー向け説明会から得た情報として、「M550dX」グレードの存在をスクープしたのだ。

このM550dX、直列6気筒ディーゼルエンジンを3個のターボチャージャーで過給。その最大出力は381psだが、驚くべきは最大トルクで、71.4kgmという数値に到達するという。

新型M5の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力560ps、最大トルク69.3kgm。M550dXの71.4kgmは、M5の最大トルクを上回っているのである。

このM550dX、グレード名が意味するように、駆動方式は4WDのみとなるもよう。同サイトは、「2012年3月から生産がスタートする」とレポートしている。

新型BMW M5(参考画像) BMW5シリーズに最大トルク71.4kgmのトリプルターボディーゼルを積む「M550dX」の存在をスクープした『5post.com』