ルノーのEVセダン、フルエンスZ.E.の衝突テスト

ルノーが、間もなく欧州で発売するEVセダン、『フルエンスZ.E.』。欧州で唯一の公的衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは23日、同車の衝突安全テストの結果を明らかにした。

ユーロNCAPの衝突テストは、前面オフセット64km/h、側面50km/h、ポール衝突29km/h、歩行者衝突40km/hで行う。日本や米国の基準とほぼ同じ、世界で最も厳しい条件で行われる衝突テストだ。

また2009年2月、ユーロNCAPは新評価システムを採用。評価の割合に応じて、ポイントが配分されるようになった。

例えば、最重要視される「成人乗員保護性能」にポイントの50%を配分。「子ども乗員保護性能」と「歩行者保護性能」には各20%、エアバッグやABS、ESCなどの「安全補助装置の有無」には10%を配分する。最高評価の5つ星を獲得するためには、総合評価90ポイント以上が目安とされる。

フルエンスZ.E.のテスト結果を検証すると、成人乗員保護性能は、先に結果が発表された日産『リーフ』の32点に対して26点にとどまった。前面衝突では運転席のダミー人形が受けた傷害レベルが、上から3番目の「MARGINAL」。また追突想定テストでも、ドライバーがむち打ちとなる可能性が「MARGINAL」と評価された。

一方、子ども乗員保護性能は日産リーフの40点を上回る41点。しかし、歩行者保護性能はリーフの23点に対して、13点止まり。安全補助装置の有無は、6点でリーフと並ぶ。

この結果、フルエンスZ.E.の合計ポイントは86点となり、総合評価は4つ星。日産リーフの101点、5つ星との差が開いた。

今回の結果についてユーロNCAPコンソーシアムは、「フルエンスZ.E.は歩行者保護性能や前席乗員の保護性能において、同じEVの日産リーフに劣る」と説明している。

ルノーのEVセダン、フルエンスZ.E.の衝突テスト ルノーのEVセダン、フルエンスZ.E.の衝突テスト ルノーのEVセダン、フルエンスZ.E.の衝突テスト ルノーのEVセダン、フルエンスZ.E.の衝突テスト