TRWメキシコ新工場イメージ

TRWオートモーティブ・ホールディングスは、メキシコ中央部ケレタロ州に、先進のブレーキシステムを製造する新工場を増設すると発表した。新工場での生産開始は2012年第1四半期末頃を予定しており、フル稼働時の従業員数は450名となる見込み。

敷地面積約1万3935平方メートルの新工場では、ハイブリッド車と電気自動車の回生ブレーキシステムに欠かせない電子安定制御システム向けの油圧制御ユニットを製造する。

加えて、同工場ではブースターやマスターシリンダーを含むブレーキアクチュエーションユニットも製造する予定。

TRWの基礎ブレーキ装置は、既存のメキシコ・サンタローザの工場にて主に製造されるが、今回新設されるケレタロの工場は電子ブレーキシステムとアクチュエーションシステムの製造に特化するとしている。