練習機『T-7』とフォーメーションを組む『F-15』と『F-2』。戦闘機の低速飛行は極めて難しいという。《撮影 石田真一》

航空自衛隊・岐阜基地は、毎年恒例の行事である航空祭を27日に開催する。例年10月中旬から下旬に開かれているが、今年は東日本大震災の影響もあり、11月下旬の開催となった。岐阜基地に所属する戦闘機のほか、ブルーインパルスの飛行も予定されている。

岐阜基地には「飛行開発実験団」が所属。主として航空機やミサイルなど装備品の評価(テスト)を実施している。このため、航空自衛隊に配備される戦闘機や輸送機のほぼ全種が揃っているのが特徴だ。

新型機への代替が進み、稼動する機体が世界的にも珍しい存在となった『F-4ファントム』や、日本の主力戦闘機である『F-15イーグル』、純国産の戦闘機である『F-2』が勢揃いし、性能を熟知したテストパイロットが飛行展示を行うのも岐阜基地だけとなる。

さらに、まもなく制式化される予定の次世代輸送機『XC-2』も昨年に引き続き展示される予定だ。地上展示だけでなく、飛行展示のサプライズも期待したいところだが…。

なお、例年飛行展示の最後を締めくくるブルーインパルスは、今年は午前中に飛行する予定となっている。

岐阜基地は名鉄・各務原線の三柿野駅から徒歩5分。来場者用の駐車場が設定されないため、鉄道利用を推奨している。

稼動する機体は世界的にも珍しくなってきた『F-4EJファントム』《撮影 石田真一》 岐阜基地のプログラムには「機動飛行」の文字は無いが、午前中の早い時間からアフターバーナー全開で暴れまくる。《撮影 石田真一》 安定した飛行を見せる『F-15イーグル』《撮影 石田真一》 他の基地ではほとんど見ることができないメニューが戦闘機の低速飛行。テストパイロットの腕が堪能できる。《撮影 石田真一》 低速から一気に加速。アフターバーナーの轟音を近い場所で堪能できるのも魅力のひとつ。《撮影 石田真一》 テスト機特有のカラーリングを楽しめるのも、実験部隊の置かれている岐阜基地の特徴。《撮影 石田真一》 今年はブルーインパルスの展示飛行は午前中のメニューとなる。例年は飛行展示のラストを飾るのだが…。《撮影 石田真一》 次期輸送機『XC-2』は今年も地上展示される予定。《撮影 石田真一》 XC-2は防衛省・技術研究本部が所有する機体なので、岐阜基地所属ではないが「サプライズ」に期待したいところ。《撮影 石田真一》