改善箇所説明図

本田技研工業は24日、後付け用品として販売した手動運転補助装置「ホンダテックマチック」を自主改善すると国土交通省に報告した。

対象となるのは、1996年10月〜2011年7月31日に販売した72個。

ブレーキリンク機構の軸受け部の構造が不適切なため、軸受け部に稼働な応力がかかり、軸受け部の締結ボルトに亀裂が生じてボルトが折損、ブレーキが利かなくなるおそれがある。

全車両、ブレーキリンク機構の締結ボルトと軸受けカラーを対策品と交換する。

クレーム件数は2件で、事故は起きていない。

車両が特定できたものについてリコール届け出を行う。