イメージ

和歌山県警は20日、和歌山県和歌山市内の県道で、整備不良の乗用車を無免許運転したとして、同市内に在住する68歳の男を道路交通法違反(無免許運転)の現行犯で逮捕した。職務質問によって発見に至ったという。

和歌山県警・和歌山西署によると、逮捕された68歳の男は20日の午後4時45分ごろ、和歌山市西浜付近の県道で整備不良の乗用車を無免許で運転した疑いがもたれている。

付近をパトロールしていた同署員が、フロントガラスに透過率の低いスモークフィルムを貼り付けた状態で走行している乗用車を発見。整備不良の疑いがあるために抑止して職務質問を実施。免許証の提示を求めたところ、無免許ということが発覚したことから、運転していた男を逮捕した。

男は飲酒運転などの違反累積によって、2年前に免許の取消処分を受けていた。調べに対して無免許運転の事実を大筋で認めており、警察は処分以降も日常的にクルマの運転を行っていた可能性が高いとみて、余罪についても追及している。