ホンダ/アキュラ(広州モーターショー11)

全体相場は4日続落。前日のドイツ国債入札が不調となったことを嫌気し、欧米市場が急落。世界連鎖株安に対する警戒感が強まり、日本市場も全面安となった。

平均株価は前営業日の22日比149円56銭安と大幅に下落し、連日の年初安値更新。2009年3月31日以来2年8カ月ぶりの安値を付けた。

自動車株は総じてさえない動きとなった。トヨタ自動車が11円安の2376円と反落。一時57円安の2330円まで売られ、22日に続き年初来安値を更新した。輸出関連の主力銘柄が売りに押され、日産自動車も8円安の657円と反落。

日野自動車、三菱自動車が続落し、マツダがさえない。

こうした中、ホンダが1円安の2196円と小幅ながら続伸。市場では、自動車各社中、海外への生産移管でリードしている点を評価する声も聞かれた。

スズキが反発し、ダイハツ工業がしっかり。

いすゞが339円で変わらず。

トヨタ/レクサス(広州モーターショー11)