豊田通商は、トキワエンジニアリングを2012年1月24日付けで買収すると発表した。トキワエンジニアリングは株式交換による完全子会社となる。

トキワエンジニアリングは、工業用部品、機械装置の設計・製作、販売・サービス事業を展開しており、特にロボット分野での技術提案力や医療分野に強みを持っているが、今後の成長に向けて海外展開が重要な課題の一つとなっていた。

一方の豊田通商は機械部門でライフ&コミュニティ分野、アース&リソース分野の事業強化に取り組んでおり、トキワエンジニアリングを買収することで、医療・ロボット・電子分野へ事業領域を拡大し、機械製造分野の基盤強化を図る。

トキワエンジニアリングは、豊田通商の完全子会社となることで、豊田通商グループのグローバルネットワークをはじめとする経営資源を有効活用し、海外での対応力を強化する。