三菱ミニキャブMiEV

三菱自動車は、『i-MiEV』に続く新世代電気自動車の第2弾、軽商用電気自動車『ミニキャブMiEV』を12月8日より発売する。11月24日、市販仕様を発表した。

ミニキャブMiEVは、『ミニキャブ バン』の「CD」グレードをベースに、i-MiEVで実績のある駆動用バッテリー、モーター等を搭載。ベース車と同等の積載性と、軽商用車として充分な一充電走行距離を両立し、価格を抑えて高い経済性も実現する。

また、電気自動車ならではの高い環境性能をはじめ、優れた動力性能、静粛性、快適性など、これまでの軽商用車の水準を超える高い性能を発揮する。

また、顧客のニーズに合わせて、総電力量が異なる2種類の駆動用バッテリーを設定。一充電の走行距離が100kmの「CD 10.5kWh」、同150kmの「CD 16.0kWh」の2タイプが用意される。

価格はCD 10.5kWhが240万円から、CD 16.0kWhが295万円から。経済産業省の補助金制度を適用した場合の実質的な価格は、CD 10.5kWhが173万円から、CD 16.0kWhが202万円からとなる。

三菱ミニキャブMiEV《撮影 高木啓》 三菱ミニキャブMiEV《撮影 高木啓》 三菱ミニキャブMiEV《撮影 高木啓》 三菱ミニキャブMiEV《撮影 高木啓》 三菱ミニキャブMiEV《撮影 高木啓》