三菱自動車・益子修社長《撮影 小松哲也》

三菱自動車の益子修社長は24日、タイ洪水で現地工場の稼働が止まったことによる影響台数が来年3月末までの挽回生産で8000〜9000台程度に留まるとの見通しを示した。

益子社長は同日開いた新型車発表会で一部報道陣に対し「1か月(の稼働休止)で2万3000台生産ができなくて、これを来年3月末までに何とか1万4000〜1万5000台は挽回したい」と述べた。

三菱のタイ工場は洪水による直接の被害はなかったものの、現地部品メーカーからの供給が止まったことで10月13日の夜勤から11月13日まで稼働停止を余儀なくされた。三菱は10月28日の決算発表時にはタイ洪水の影響で、工場の稼働が1か月半停止することを想定し、その影響台数は最大で3万5000台になるとの見通しを示していた。

益子社長は「3万5000台の減を覚悟してので、単純に言えば2万6000〜2万7000台はそこから改善する。ただ8000〜9000台位は(期初の)予定通り造れないともいえる」と語った。

三菱ミニキャブMiEV発表会《撮影 小松哲也》