日産自動車は、12月2日から4日までの3日間、同社追浜工場(神奈川県横須賀市)、横須賀市内で地域関係諸団体との協働運営で「第12回全国車椅子マラソン・日産カップ追浜チャンピオンシップ2011」を開催すると発表した。

大会は2000年から始まった車椅子陸上競技の総合大会で、今回で12回目の開催となる。障がい者スポーツの普及と競技者の技術向上、地域の活性化、「やさしい街づくり」支援が目的。

メインとなる大会3日目のロードレースは、企業と地域の協働による大会運営が特徴で、同社の追浜工場を主体に、従業員ボランティアと地域のボランティア約500人がコース整理や給水の補助を行う。

3日間にわたる大会には、世界トップレベルの選手を含む延べ約200人の選手が全国から参加を予定している。追浜工場内「GRANDRIVE」のコースや周辺の公道を使用したロードレースが行われる。

3日目のロードレース競技には、2012年のロンドンパラリンピック大会に出場が内定している樋口政幸選手、土田和歌子選手も参加する予定。

日産では、大会を記念して従業員募金(太陽募金)を実施し、集まった寄付金を障がい者スポーツ振興のため、障がい者陸上競技団体等に寄付する。