レクサスGS《撮影 内田俊一》

レクサスは一部報道陣に対し、12月に発表されるレクサス『GS』を公開した。

「GSの名前の由来は“Grand Touring Sedan(グランドツーリングセダン)”。現在のグランドツーリングセダンは、高性能かつ、強い存在感を持ったクルマと称していますが、レクサスは、これらに加え、ユーザーの心に響く感性価値を併せ持ったクルマと定義しています」とはレクサス本部製品企画チーフエンジニアの金森善彦さん。

次期GSのミッションは、「日本では2世代目となるレクサスの頭出しモデルとして、メッセージや新技術をアピール。そして、ブランドの大幅な進化を世に提示すること。また、次世代のレクサスフェイスや走りを含め、このGSが大変革を遂げレクサスブランドの屋台骨を担うクルマに昇格することです」。

金森さんは、「とにかく強い個性のクルマにしたい。見ただけ、乗っただけでその良さが分かってもらえるクルマにしたい」とその思いを語る。「現行GSのマイナスイメージを一切払拭するつもりで企画しました。内外デザインだけではなく、パッケージや走りも全てです。まさに大変革。継承するものは代々GSが積み重ねてきたチャレンジ精神だけだと言っても過言ではありません。今回は感性に響く楽しい走りにチャレンジしているのです」という。

もうひとつGSには大事な使命がある。「ジャーマン3の独壇場となっているミッドラグジュアリー市場のボリュームゾーンにこのGSをしっかり位置づけ、本格グランドツーリングセダンに昇華させていくことです」とし、このクラスに欠かせない、実用性を備えたパッケージというセダンの基本をしっかり見直したうえで、デザイン、走り、ハイブリッドという魅力の3本柱でユーザーに驚きと楽しさを提供したい」と考えを述べた。

レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》 レクサスGS《撮影 内田俊一》