ベストペインターコンテスト世界大会へ、日本代表として菅原健二選手が出場することが決定した

BASFコーティングスジャパンが開催した「ベストペインターコンテスト2011」の決勝大会。2013年にフランスで開催予定の世界大会で、日本代表として出場することが決定した菅原健二選手が世界大会へ向けた意気込みを語った。

関西ブロック代表の菅原選手(新和自動車)は「全国で自分の作業がどれほど評価されるか、楽しみです」との意気込みで、今大会に参加。みごと、8名の参加者の中から日本代表に選ばれた。

世界大会に向けて意気込みについて「まだ実感が湧きませんが、普段どおりやるのがベストかな、至らんところもよくしていければ世界一も夢ではないのかなと感じています」と、菅原選手はコメント。

今大会については「作業などは、皆さん僅差だったとおもいます。運とかプレッシャーとか、そういった部分の差だったのではないかと思います」と述べた。水性塗料を扱って一年半という菅原選手、世界大会までの今後一年間で強化しておきたいことについては「全部ですね。」と回答、「メンタル面も含め、カラーリーディングや学科的なところを勉強していきたい」と語った。

【ベストペインターコンテスト11】日本代表菅原選手、世界大会への意気込み 【ベストペインターコンテスト11】日本代表菅原選手、世界大会への意気込み 【ベストペインターコンテスト11】日本代表菅原選手、世界大会への意気込み 【ベストペインターコンテスト11】日本代表菅原選手、世界大会への意気込み 【ベストペインターコンテスト11】日本代表菅原選手、世界大会への意気込み