クアルコムはEV用無線給電システムを開発、2012年よりイギリス・ロンドン東部でテストを実施する

クアルコムは22日、同社が開発した電気自動車向け無線給電技術に関する説明会を開催。同技術を、ライセンスにより自動車メーカー等に提供して普及を目指すとの事業方針が示された。

説明会では、同技術を統括する、ヨーロピアン・イノベーション部門エグゼクティブバイスプレジデントのアンドリュー・ギルバート氏が来日して説明した。

ギルバート氏は、同社が開発した無線給電システムは有線による充電との比較で90%の効率を実現、有線と同等の充電性能を有することを強調した。高効率を実現するには送信側と受信側それぞれのアンテナ調整が必要となるが、同システムでは自動調整するため、運転者は通常駐車するだけで済むことが特徴となっている。

同社は、この無線充電装置とEVを使った実地テストを、2012年前半からイギリス・ロンドン東部で行うことを発表している。

ギルバート氏は、同技術に関して「我々は、ライセンスとして自動車業界に提供することを考えている。ライセンスにより競争的な環境が生まれ、選択肢が増えて(無線給電システムの)価格が下がることになる」との考えを示した。

クアルコム社ヨーロピアン・イノベーション部門エグゼクティブバイスプレジデントのアンドリュー・ギルバート氏 クアルコムのEV用無線給電技術、ライセンスで普及目指す クアルコムが開発した無線給電システムでは、充電器からバッテリーまでを含め、有線との比較で90%の充電効率を実現した 自社で製品化するのではなく、ライセンスとして技術を提供することで、様々なメーカーが同技術を利用した製品を市場に供給し、競争関係が生まれるという 無線給電システムを搭載したEV 無線給電システムを搭載したEV