国土交通省とインドネシア共和国運輸省は11月23日〜25日の3日間、インドネシア・ジャカルタで、アジア諸国と連携した自動車の安全・環境基準の国際化を推進するため、第2回アジア地域官民共同フォーラムを開催する。

自動車分野の国際基準調和等についてアジア諸国・地域と連携強化を図り、アジア地域における安全かつ環境性能の高い自動車の普及を促進することが目的だ。

わが国からのプレゼンテーションやアジア諸国等の政府、自動車業界関係者も参加するパネルディスカッションなどを通じて、国連自動車基準調和世界フォーラム(WP29)の活動に関する情報提供や、各国の基準認証制度の国際化活動に関する情報交換を行う。

同フォーラムは、昨年11月にブルネイで開かれた日ASEAN自動車基準・認証制度に関する協力プログラムの具体的取り組みの1つで、自動車基準認証国際化研究センター(JASIC)によって実施される。