MINIクーペ ハンティング大作戦

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、MINIの新型モデル『MINIクーペ』が第42回東京モーターショーで一般初公開となることを記念して、モーターショー会期中、スマートフォンアプリを使って新型MINIクーペの実車を奪い合う、一般参加型バーチャル・ゲーム「MINIクーペハンティング大作戦」を実施する。

MINIクーペハンティング大作戦は、スマートフォン(iPhone、アンドロイド)アプリの地図上に表示されるバーチャルMINIクーペをゲーム参加者同士で奪い合う、GPS連動型のゲーム。

12月3日から9日間のモーターショー開催期間、バーチャルMINIクーペ保有者の50m以内に近づくと、MINIの保有権を奪い取れる。保有権の移動直後30秒間は誰も保有権を奪い取れなくなり、新しい獲得者はその間に他の参加者から離れて逃げることができる。またゲーム範囲は東京23区内。所有者が域外に出ると保有権を失い、境界線付近23区内にバーチャルMINIクーペは“放置”される仕組み。

ゲームが終了となる12月11日13時にバーチャルMINIクーペを保有していた人には、MINIクーペの実車が贈られる。

また、開催期間中、毎日20時にバーチャルMINIクーペを保有していた人には、MINIアドベンチャー賞がプレゼントされる。ゲームはスマートフォンを使って自由にダウンロードすることが可能で、ゲームの対象範囲は東京23区内。

ゲーム実施期間は12月3日13時〜11日13時。12月3日12時40分から東京モーターショー会場MINIブースでバーチャルMINIクーペドロップ・セレモニーを実施する予定。

11月21日からプロモーションサイトが開設され、同日からダウンロードできる。

MINIクーペ ハンティング大作戦 MINIクーペ ハンティング大作戦 MINIクーペ ハンティング大作戦 MINIクーペ ハンティング大作戦 MINIクーペ ハンティング大作戦 MINIクーペ MINIクーペ