フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11)

16日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー11.フォードモーターのブースでは、新型『エスケープ』とともに、2013年モデルの『FLEX』(フレックス)がデビューを飾った。

FLEXは2007年4月、ニューヨークモーターショーで発表。ミニバンとSUVを合わせたような新ジャンルのクロスオーバーで、ボクシーなフォルムと3列シート7名乗りの広い室内が大きな売りだ。

その2013年モデルでは、表情を一新。フロントグリル中央に配された太いメッキバーが特徴だ。四角いボディをさらに際立たせるための変更とも受け取れる。

メカニズム面では、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを改良。独立可変カムシャフトタイミング機構の「Ti-VCT」を組み込み、最大出力285ps、最大トルク35.3kgmを発生する。これは従来比で約20psのパワーアップだ。

パワーアップにもかかわらず、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地7.65km/リットル、高速10.63km/リットル。最大5.5%の燃費改善を果たしている。

フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11) フォードFLEXの2013年モデル(ロサンゼルスモーターショー11)