18日午前6時ごろ、愛知県豊田市内の国道155号で、路肩を走行していた自転車同士が正面衝突。1台が車道側に転倒したところ、進行してきたクルマにはねられた。この事故で36歳の男性が死亡。クルマは現場からそのまま逃走している。

愛知県警・豊田署によると、現場は豊田市本町石根付近で片側1車線の直線区間。車道と同じ高さの路肩はあるが、歩道は設置されていない。路肩を北進していたとみられる36歳男性の乗る自転車と、南進していたとみられる21歳男性の乗る自転車が正面衝突。北進側の自転車が車道へ転倒した。

乗っていた男性が車道に投げ出されたところ、南進してきたクルマが直撃。そのまま逃走した。男性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打が原因でまもなく死亡。警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始している。

警察ではもう一方の自転車に乗っていた男性から事情を聞き、事故発生の経緯を詳しく調べるとともに、現場から逃走した軽乗用車とみられる黒っぽいクルマの行方を追っている。